フリーローンキャッシング総量規制

フリーローンの総量規制について

皆さんはお金をフリーローンキャッシングの申込みをする場合、一番気にすることは何でしょうか?
貸付利子でしょうか?それとも貸付限度額や申込みから融資を受けられる期間などいろいろあることでしょう。
そのほかに知っておいたほうがいいこととして、総量規制があります。

 

総量規制とは、個人のフリーローンなどのキャッシング借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限されることをいいいます。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)
総量規制の対象となるのは、「個人向け貸付け」のみであって、法人向けの貸付けと保証、また個人向けであっても個人向け保証については総量規制の対象にはなりません。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

 

1/3まで借り入れできるとしても、はじめからそこまで借りられるわけでもないので注意してください。
審査によっては、返済能力があるかどうかで限度額は変動いたします。
また銀行系の会社は、総量規制の対象外となっています。
ですから、フリーローンでのキャッシングでは1/3までいっていても銀行系では借りられる可能性があります。

 

しかし、あくまで可能性があるだけで審査によっては通らない可能性はあります。
このように総量規制は無意味に借りて返済不能に陥らないためのものですが、自分の返済をよく考えてフリーローンの申込みを検討してみたらいかがでしょうか。